注目キーワード

【ウーバー】自転車配達員のマナーがヤバい!ナンバー制が必要な理由!

スポンサーリンク

ウーバーイーツをはじめとしたフードデリバリー。好きなジャンルの料理が自宅で食べられるということで、利用した人も多いのではないでしょうか。

自宅待機時間が増え需要が爆発的に増えたフードデリバリー業界ですが、配達員のマナーが非常に悪いということで東京都議で議題になるほど炎上しております。

今回は「【ウーバー】自転車配達員のマナーがヤバい!ナンバー制が必要な理由!」と題しまして、実際配達員のマナーってどれだけ悪いのか?調査してまとめてみました!

 

自転車配達員の真実!マナー違反って言葉を知ってる??

 

東京都がウーバーイーツなどのフードデリバリー配達員の配達バッグに個別の番号表示を求めていく方針を示したことが物議をかもしている。

 

発端は3月9日、都議会予算特別委員会だ。

「都民ファーストの会」の議員がこう質問した。

 

目立つようになりましたのが自転車などで危険走行を伴う一部の配達員であります。

問題は危険走向を見つけても(自転車は)車などと違ってナンバーがないため通報できないというようなことであります。

例えば配達バッグなどにナンバーを付けるように促すべきと考えます」(東京都議会録画映像より)

 

これを受けて都の幹部が事業者や業界団体と協議する場を設け、配達バッグへの番号表示を求めていくことを明らかにした。

ヤフー・ニュースより引用

ウーバーイーツなどの自転車配達員に限らず、自転車を乗る人の中に「道路交通法」を理解しているのか疑問になるほどあぶない運転をしている人は多いですね。

特に個人的に怖いなーと思うのは「お子さんを前後ろに乗せたママさんが、意外とスピードを出しすぎている」ことですね。

交差点にノーブレーキで突っ込んでいったりしてますので、事故につながらないかいつもヒヤヒヤします。

 

自転車配達員さんの場合、時間的な成約されることでさらにあぶない運転になっていることも予想されますが実際はどうでしょうか。

Uberを始めとした自転車配達員の実態とは?

ネットに寄せられた配達員のマナー違反についてまとめてみました。

 

先日も信号が赤で歩道で待ってたら、自転車の奴が邪魔やどけって言い放って行ったけど、歩道を走るのが当たり前やと思ってるバカが存在する。歩道を走行して良いのは指定(標識)された場所だけやと思うねんけどね。
人気店の前の歩道ではUber配達員の皆さんがバッグとチャリを路上に
置いて、歩道の真ん中で談笑してらっしゃいますが、そういうの含めて
マナーが悪すぎます
先日も橋状になっていて、自転車走行不可の国道をウーバーの自転車が走行していましたよ。一部のルールを守らない人によって悪いイメージが付いてしまいますよね。
以前、Uberの配達人の方が、私の地元にある踏切を無理に渡って行った所、電車を停めてしまった事があった。踏切付近は、その為に大渋滞!配達人は、そのまま行ってしまった。
そんな事になると思ってなかったんだと思うけど、マナーを守って欲しい。
バイクの配達員はまだ良い。問題なのは自転車での配達員。歩道を猛スピードで走る、信号無視、携帯見ながら走るなど、とても危ない。また、事故の案件として報告されていない接触事故などもとても多いと思う。
私も一度信号待ちで止まっていた際、横をすり抜けようとした自転車にミラー擦られた。その配達員は丁寧に謝罪したので、警察への通報はしなかったが、こういう経験した人も多いのでは?
人がやっとすれ違えるくらいの、ガードレールで区切られた歩道でウーバーの自転車に突然追い越されてぶつかりそうになった事が何度もある。それがこの一年でかなり増えた。

ぶつかりこそしないが、年配者や子供なら驚いて転ぶ可能性が高いように感じた。
当然自転車は振り向きもせずに走り去るので背後で怪我をしても気付かないだろうし、気付いても逃げるだろう。

配達で急いでいるのかもしれないけど、路線バスの前の道路の真ん中にウーバー自転車が陣取っていて、バスにクラクション鳴らされたら運転手を睨み返していたことがありました。

仕事として業務委託でもなんでもいいけど、道路交通法とかは知っていて欲しいかも。

配達自転車の危険運転はやめましょう。

配達員には善良な人も居るとは思うが、悪質なケースも沢山ある。
自転車をぶつけられてガードにぶつかり手の甲が青く腫れ上がった。
配達員はそのまま逃走、悔しさでいっぱいです。
ナンバー制度には賛成と言うか是非実現して欲しい。
自転車にもナンバーが有れば良いと思う。
昔、盗まれた事があり悔しい思いをした。
主だった意見をご紹介しました。
悪質なマナー違反をしている自転車販売員が多いということがわかりましたね。
わかった上でルールを守らないのであれば個人を特定して罰則に繋がる流れがおきても仕方ないです。
こちらの記事に今回の炎上の詳細があります。
スポンサーリンク

自転車配達員のナンバー制導入に対してSNSの意見

ルールの強化が必要となる事例がありすぎるということで、個人にナンバー制度を導入するべきという意見も多くありました。

一部ご紹介します。

 

背番号制はハラスメント
理由はSNSに揚げられる“可能性”があるから

なら、自動車のナンバーも上げられる可能性があるから(そして日本全国で挙げられた実例があるから)隠しても良いですね

トラックやダンプの営業ナンバーや登録中バーも個人・会社の特定に繋がるので隠しても良いですね
タクシーの車輌ナンバーも同様
タクシーと言えば車内に定時義務のある運転手の身分表なんて故人情報の固まりなので氏名その他を黒塗りにし、顔写真にはモザイクを掛けても良いですよね

だってハラスメント何ですもの

個人の権利の前には、公共のルールや法律、他人の安全や自己抑制など些末な問題
守る必要なし

と言う事ですね

番号やネームを付けて下さいと本部から言われたら普通は従うでしょ?
それが嫌なら付けない会社の仕事をしたら?

事故はどれだけ気を付けていても確率論的に遭遇する時はありますが配送やタクシーはそんなに事故してないでしょ?一緒!

沢山稼ぎたい!インセンティブタイム!よりも安全に配送する事が最優先は当たり前です!
反論者は社会人として問題アリでは?
業種か会社を変えるしかないよね…
だって事故やトラブルは絶対回避が前提なんですから…

接客でお客様とトラブル続きで不良品ばかり提供するスタッフ居たらどうなの?
UVERは個人事業主扱いでやれるんだからより気を付けないとね…
仕事ってそんなもんでしょ?
UVERの雇う規約が曖昧でもそれを選んだのは自分!嫌なら辞める。ただそれだけ。

ウーバーのドライバーや配達員の待遇、保護、事故の責任が世界中で問題になっていますが、彼らは従業員ではないから責任を負わないというのがウーバー社の姿勢です。同社はマッチングの仕組みを提供するテクノロジーカンパニーで、ドライバーや配達員はそのサービスの利用者だと主張しているのです。
テクノロジーカンパニーというだけあり、アプリを通じてドライバーや配達員をコントロールする手法はとても巧妙です。
『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した~潜入・最低賃金労働の現場~』というイギリスのルポを読むと、「純利益330ポンドまであと10ポンドです。ほんとうにログアウトしますか?」といったメッセージやペナルティに刺激され続けるドライバーの気持ちがよく分かります。
それだけ追い立てておいて何かあっても責任を負わないのは、ゲーム中毒は本人の責任という無責任なゲーム会社と同じで、許されないことだと思います。
なんか記事自体配達員寄りじゃないすか?車もバイクも危険運転や違反行為をすれば取り締まられる、その基準がナンバープレートです。なんびー背負って晒されたくなきゃルールに則った運転をすればいいだけで配達員の稼ぎなんて個人的な話なんて知ったこっちゃない、それで他人様に迷惑をかけていいのか?って事じゃないですか。
>番号を振るとSNSなどにあげられる

あげられても問題のない運転をきちんとすればよいだけでは?

>配達員が一度でも事故を起こすと、配達員用アプリのアカウントが停止される可能性があるのだ。
>規定の回数に達しなければ報酬が出ないので配達員は必死になるが、そのぶん、事故を誘発しやすい。

ウーバーと配達員の間で解決してください、身柄を隠す理由にはなってないでしょ。
事故に直面する第三者には関係のない話ですよ。

>配達依頼を受けてどうしようかと一瞬、考えているときにタクシーが止まると間違いなく追突事故を起こしてしまう。

知らんがな、前方不注意なだけ。道交法くらい守りなさいよ。

自己中心的な行動すぎるのでナンバー制度を導入すべきという意見が圧倒的でした。
配達員が自身の利益の為に急ぐ気持ちはわかりますが、社会のルールに従った上で急いだほうが良いですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

自転車配達員のマナー違反者が多いことから議会で議題まで上った今回の件。

いまのところ関東圏や政令指定都市でのみのケースですが、将来的には全国に飛び火する可能性を秘めています。

今回は「【ウーバー】自転車配達員のマナーがヤバい!ナンバー制が必要な理由!」と題してまとめてみました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!